スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地デジ☆アンテナをDIYで設置 ♯1


アンテナ設置への経緯

開業して三回ほど電気屋さんに地上波を観る為に調べて頂いたのですが毎回、レベル的に無理との返答。
200m下の民家では視聴してるのに

というか店で地上波が観たい!!


DIYで設置の理由

・まずもって受信できるかできないかプロの業者によるテスト ¥25000

この際、完全地デジ化したので自分なりにアンテナやテレビについて独学で勉強♪


というより自分でやるのが好きなだけです。






勉強したまとめ

・テレビを観るにはアンテナレベルが最低45デシベル必要。
・45デシベル測定しても映らない可能性もある。
・近所のアンテナは20素子のアンテナにブースターを使用。
・ブースターを取り付けたからといってアンテナレベルがアップするわけではない。
・あくまでアンテナで利得を稼いでブースターが基本。
・安いブースターだとノイズを増幅する恐れがある。
・高性能のアンテナはパワーがあるがピンポイントで合わせる精度が必要となる。
・現在、30素子のアンテナがある。

素子とは
k-material_uax20p1.jpg

簡単に言うと横棒の数です☆
このアンテナは20素子となります。



つまり

高性能のアンテナ及びブースターをつけたからといってメリットだけがあるわけではなく。
場所にあったものを選択する必要があるのです。


そこで

27素子のアンテナで勝負しようと思いました

20素子じゃパワー不足。30素子だと合わせるのが難しくなりそう。。。

さっそく、レビューがいいのを注文!!

届いたのを組み立てのがこれです♪

CIMG1776.jpg

27素子デカ


実行

アンテナ届いたのにどうやってレベルをチェックするのか、高性能なレベルチェッカーは20万~30万します。もちろん持ってません。

しかし、最高のレベルチェッカーが一つ。それは地デジ対応テレビ

テレビを屋根まで持って行って、なおかつ延長コードも運び電源を確保。
アンテナとテレビを直結させて画像を構成するレベルにあるのか確認するわけです


注)高所の作業となります。命を落とす危険さえもありますのであくまで自己責任でお願い致しますね。

CIMG1777.jpg

汗ダラダラで三点セット運びこみ、あとはアンテナを近所のアンテナが向いてる方向に向けます!

久々、ドキドキしました。高所の作業だからではなくこのアンテナが映らなければゴミと化すわけですので



結果は。。。。。。。。。。。。。。







CIMG1779.jpg


映りました

この敷地内で初めて地上波放送を観た瞬間でもありました~!
27素子凄すぎる。。ブースターなしで4チャンネル観れました♪

ここまでの道のりは長かったです。
電話でアンテナの設置の事を聞いても、この場所じゃ絶対無理だと断られることもありました。
地デジサポートに問い合わせても無理な地区ですと言われました。

色んな意味で爽快な気分でした☆

あとはアンテナを吹き飛ばないないように設置し、各部屋で観れるように分配するのみです!
設置と店舗へのケーブル等の引き込みはプロにまかせます!
絶対に一人ではできない作業ですので♪



また、報告しますぅ~!
今日は美味しい酒が飲めそうです

アンテナは ¥6800 でした☆







スポンサーサイト

Comment

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Pinky to kay

Author:Pinky to kay
名前:ピンキー
性別:♀
誕生日:2007年9月10日
犬種:アメリカン・ピット・ブルテリア

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。